入会して仕事をしたい方は

新庄最上地域に居住するおおむね60歳以上の方で、健康で働く意欲がある方なら会員になれます。

シルバー人材センター事業の理念に賛同し、入会の説明を受け入会申込書の提出をして頂きます。

理事会で入会の承認を受けますと会員として登録されます。

会員になられた方は、定められた会費を納入していただきます。

 年会費2,500円
 新入会員の会費 4〜7月入会 3,000円 / 8〜11月入会 2,000円 / 12〜3月入会 1,000円

※別途、会員互助会(こぶしの会)の会費が必要です。
 こぶしの会会員費 4〜7月入会 800円 / 8〜11月入会 500円 / 12〜3月入会 300円

入会へのステップ

会員としての働き方

 シルバー人材センターは、高齢者に相応しい仕事を企業・家庭・公共団体などから引き受け、会員の希望や、体力、能力に合った仕事を提供する目的を持った公益法人です。

会員は提供された仕事を責任をもって履行し、その仕事の内容に応じた対価を「配分金」として受け取ります。(登録されても就業や収入の保証はありません。 )

会員は就業を通じて長年培ってきた知識、経験を生かし、自らの生きがいの充実や地域社会に貢献します。

会員は臨時的・短期的な就業をすることになっていますので、交代で働きます。(特殊な知識、技能を必要とする仕事は、継続的に就業することもできます。)

会員が安全・適正に働けるように、シルバー人材センターには会員の総意によって 定められた就業規則(約束ごと)があります。

請負業務の場合は、センターと会員との間には雇用関係はなく、労働関係法規(労災保険等)は適用されません。但し、シルバー派遣事業の場合は、労災保険が適用されます。

万一事故が発生し、お客様に損害等を与えた場合は、シルバー団体保険(傷害・賠償責任)により、一定の補償を行ないます。